· 

「やさしい日本語」出前講座

「やさしい日本語」は、災害時に多くの外国人に情報を伝える手段として、1997年阪神淡路大震災のをきっかけに作られました。現在は災害時だけではなく、普段の生活の中でも使われています。例えば、役所の案内だったり、町のお知らせ、子どものお便りなど様々です。

 

今年度の新しい取り組みの一つ「やさしい日本語」の普及(出前講座)という事で、遊佐町(NPO法人いなか暮らし遊佐応援団)様と最上総合支庁様にご依頼いただき、出前講座をさせていただきました‼

自治体職員、国際交流関係者、日本語教室支援者、企業、観光業とさまざまな方に参加いただきました。

内容は、やさしい日本語ってどんなとこで使われているかなど、例を挙げて実際にやさしい日本語の作りかたとして、難しいことばをやさしいことばに置き換える練習や、文の作り方、会話など主に行いました。

こちらも現場の声を聞くことができて、大変勉強になりました。

 

「やさしい日本語」出前講座にご興味がある方は、協会までご連絡ください。

Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!
Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

(公財)山形県国際交流協会
990-8580
山形市城南町1-1-1 

霞城セントラル2F
TEL
 023-647-2560 

FAX 023-646-8860