· 

平成31年2月9日(土)、とびいりワールド茶館「ラオス」編を開催しました!

こんにちは!国際交流員のミチコです!2月9日(土)のとびいりワールド茶館の報告書でございます!

 

今回のとびいりワールド茶館には高校2年生の長澤パティ 明寿さんのゲストをお呼びします!2年前の夏にネパールを訪ねていって、その経験についてJICA国際協力エッセイコンテスト2017年に参加して賞をもらいました。そのおかげで、去年の夏にラオスに一週間訪問しました。長澤パティさんの研修報告によると、ラオスの人、言語、食事などを触れ合って、「ラオスという国の大ファンになった」という。

 

私が山形に来てからこれは初めて高校生、その上日本生まれ日本育ちの方、を呼んできました!日本語で育ってきた方のプレゼンが自分のスタイルと違って、とても勉強になりました。今回には、新規に来た参加者もいて、とてもフレッシュな空間でした。

 

話の内容にはラオスと日本の関係やラオスとネパールの共通点など、色々なお話を聞かせました。一番印象に残ったのはラオスの空港の話でした。日本の協力でラオスのある空港を造りました。とてもきれいな空港で、空港までのシャトルバスは元々日本のバスでした。ラオスは日本から色々協力をもらいましたがパティさんは実はどこまで助け合いたいかという疑問を出しました。ラオスの方はこのまま変わらなくて良いと思っているなら積極的にモダンに変わらせる必要がないかということでした。国際交流・交換には大きい疑問だと思います。交流と改善をよく把握して、自分の経験を他人に飲み込ませないようにしなければならないと思います。私の経験にも同じように、アメリカの文化を紹介して、日本はもっとアメリカのように変える仕事ではないということをいつも意識しなければなりません。

 

このようにとても深い内容が盛りたくさんありました。高校生からこのような考え方があるのは驚き、パティさんの、それと山形の若者の、将来を楽しみにしています!

 

次回のとびいりワールドカフェは「CIR送別会スペシャル」となります!ぜひ、これまでたくさんがんばってくださった韓国出身の国際交流員キン・キョンミンさんと中国出身国際交流員オウ・ジョセツさんの経験や思い出などを聞きましょう!

 

担当:ミチコ

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860