宮城・山形 定住外国人エンパワメント・カレッジ 第2回講座

8月3日(土)に「宮城・山形 定住外国人エンパワメント・カレッジ(略して Enkare )」の第2回目の講座が行われました。

「Enkare」とは、宮城と山形に住んでいる外国人の方々がいっしょに学び、交流を深めようというプログラムです。今年度は全6回の講座を予定しています。

今回は、会場が山形で、AIRYの研修室で行いました。

 

今回のテーマは、「あなたの年金、生命保険、どうなっていますか?」です。

講師は、みやぎ年金・労災サポート社労士の会 特定社会保険労務士の阿部陽子氏、富樫敦子氏、坂本祐一氏の3名です。

 

今回の講座のために、自分の年金手帳や日本年金機構から送られてきた郵送物などを持参した方もいて、講座への期待がうかがえます。

 

まずは参加者のみなさんそれぞれが、今現在加入している年金の第何号被保険者になっているのか、説明を聞いた後1号2号3号それぞれのシールを胸に貼っていきました。そして、今後受け取る可能性がある年金にはどんな種類のものがあるのか、どんな条件であれば受け取ることができるのか、など詳しく説明を受けました。特にみなさんが驚いていたのは、自国を離れ海外で働いたり生活したりしている人は、自国とその海外の国両方の年金に加入し、保険料を二重に負担しなければならなかったのですが、現在日本は海外の14ヶ国と「社会保障協定」を結んでおり、二重負担を防止するようその14ヶ国と調整している、ということでした。「そんな協定があったんだ!?」と驚きの声があちこちから聞こえました。講座はその後グループごとに質問の時間を設け、参加者は講師の方に積極的に質問をしていました。前回よりもみなさんさらに意欲的で、熱い講座だったと思います。

 

次回の講座は、9月6日(金)に、霞城セントラル3階の山形市保健センター大会議室で行われます。特別講座となっており、どなたでも参加できます。ご興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

http://www.airyamagata.org/2013/09/06/

(kon)

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860