第4回「やさしい日本語」研修会開催しました!

今年度で4回目となる「やさしい日本語」研修会を、米沢にて開催しました!

大東文化大学講師 前田理佳子氏をおむかえし、19名の方にご参加いただきました。

(会場:山形大学工学部米沢街中サテライト)

 

講義では、減災のための「やさしい日本語」の重要性を学び、後半のワークショップでは、グループに分かれ、「やさしい日本語」で言い換える作業をしました。

 

印象に残ったのは、車の”カギ”をどう表現するか、というお話。

車のかぎ?車のキー?  車の”かぎ”といえば済む話かもしれません。しかし、最近の車のカギの形態は、昔ながらの差し込んでまわす鍵ではなく、電子キーが増えています。 ”かぎ”という表現が果たして本当にふさわしいのか…?!

 

「やさしい日本語」では、外来語を使う際に注意が必要があります。外来語は、原語と意味が異なることも多く、混乱を招く可能性があるからです。例えば、”ライフライン”。日本語ではインフラ設備を意味しますが、英語の元の意味では”命綱”です。

 

ただ、英語で”Key”は”鍵”であり、元の意味と変わりありません。しかし、情報を受け取る人の母語が英語圏とは限りません。 外来語を使うときには注意が必要ではあるが、場合により外来語の方が分かりやすいこともある。

「やさしい日本語」で表現するときは、情報を受け取る側の立場を考えることが必要、ということを改めて考えさせられた機会でした!

 

「やさしい日本語」とは(弘前大学人文学部社会言語学研究室ホームページ)

http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/EJ1a.htm

 

☆お知らせ☆

ラジオで「やさしい日本語」防災情報を聴くことができます!

インターネットが使える環境であれば、パソコンからもお楽しみいただけます。

詳しくはこちら

みなさん、ぜひ聞いてくださいね♪

 

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860