第2回「やさしい日本語」研修会を開催しました

7月28日(土)、大東文化大学外国語学部講師の前田理佳子氏をお招きし、第2回 災害時における外国人への情報伝達「やさしい日本語」研修会を開催しました。

  

夏休みにロンドン五輪開会日、と世間が盛り上がりをみせるなか、25名の方が集まってくれました。

 参加者の顔ぶれは幅広く、役場、警察、消防本部、日本語教室、公共交通機関、語学ボランティア、国際交流団体、学生の方などにお越しいただきました。

 

「やさしい日本語」とは?

外国人が必要な情報を受け取り、適切な行動をとれるように考え出されたものです。また、外国人に限らず、高齢者や子供にもわかりやすく情報を伝えられます。

 

「やさしい日本語」による表現の一例はこちらへ (第1回「やさしい日本語」研修会活動報告) 

 

グループワークでは、大地震発生時に放送された文を、「やさしい日本語」に言い換える作業をしました。

【もとの文】

電話がかかりにくくなっています。

家庭の電話よりも公衆電話の方が通じやすくなっています。

 

「”公衆電話”って最近あまり見かけないけど、そもそも外国人の方は分かるのかな?」

「”電話がかかる” 、”電話が通じる” どっちの表現が正しいんだろ・・・」

グループからは、真剣に議論する声が聞こえてきました。

 

この状況、皆さんでしたらどのように伝えますか?

 

【やさしい日本語への言い換え例】

電話を かける 人に お願いします。

外の 電話を 使って ください。

家の 電話は かかりにくいです。

外の 電話の ほうが かかりやすいです。

 

いかがでしょう。みなさんはどのような表現を考えたでしょうか。

「やさしい日本語」表現の作り方には「12のルール」があり、上記の言い換え例も、そのルールに従ってつくられています。

①難しい言葉を使わず、簡単な言葉を使う。

②1文を短くして、文の構造を簡単にする。

③文末表現はなるべく統一する。

④文節で余白をあけて区切り、分かち書きにする。

⑤使用する漢字や漢字の使用量に注意する。漢字にはふりがなをふる。

 

そのほかのルールおよび詳しい作成方法については、弘前大学人文学部社会言語学研究室ホームページ内の『「やさしい日本語」作成のためのガイドライン』をご覧ください。

 

「やさしい日本語」作成のルールを参考に、AIRYでも「やさしいにほんご」版のお知らせを作成してみました!

AIRY 中級日本語きょうしつ の おしらせ
ポスター(やさしい日本語・ふりがなつき) (1).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 182.1 KB
AIRY 中級日本語きょうしつ の もうしこみしょ
もうしこみしょ.doc
Microsoftワード文書 54.5 KB

誰にでもわかりやすい「やさしい日本語」は、色々な場面で必要とされています。

是非いっしょに、「やさしい日本語」について学びましょう!

 

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860