第1回「やさしい日本語」研修会を開催しました

6月10日(日)、弘前大学大学院教授の佐藤和之氏をお招きし、「災害時における外国人への情報伝達”やさしい日本語”研修会」を開催いたしました。佐藤教授に講師を担当していただくのは今年の1月に続き今回が2回目であり、 報道機関、警察、教員、国際交流団体、一般の方など、16名の方にご参加いただきました。

 

「やさしい日本語」とは、私たちが普段使っている日本語を、分かり易いように言い換えをしたものです。

 

たとえば

●津波 …とても 高い 波

●避難所 …みんなが 逃げる ところ

●炊き出し …温かい 食べ物を 作って くばる

などです。 

 

災害発生時に、外国人被災者に迅速かつ正確に災害情報を伝える手段として、どの国の人にも理解できる日本語であり、新潟中越地震や東日本大震災の際に活用され、有効性も実証されています。

研修会では、「やさしい日本語」表現の作り方を教わり、一般的な日本語を「やさしい日本語」に言い換えをするグループワークをしました。

 

【一般的な文章】

エレベーターは使わないでください。

停電や余震で閉じ込められる心配があります。

 

たった2文の文章ですが、「やさしい日本語」作成のルールに従うと、簡単には言い換えられないのが実際のところでした。

 

そんな時に大活躍をしたのが、やさしい日本語化支援システム”やんしす”というソフトです。

文章を入力すると、文章のどこが”やさしく”ないのか指摘をしてくれ、「やさしい日本語」作成の手伝いをしてくれました。先ほどの文章を、”やんしす”に手伝ってもらいながら作成してみると、次のようになりました。

   

エレベーターを  使っては  いけません

余震<後から くる 地震>で  電気が  とまるかも しれません

乗っているときに  とまったら  外に  出ることが  できません

 

いかがでしょうか?分かりやすいものになったのではないかと思います。

 

「”やさしい日本語”の作り手となる人の向こう側には、必ず受け手(読み手)となる人々がいる。作り手となる私たちが、どこまで”やさしく”できるか、が大事です。」という佐藤教授の言葉が印象的でした。

 

今年度、AIRYでは県内各地で「やさしい日本語」に関する研修会を予定しています。

次回は、7月28日(土)に山形県国際交流センターで開催します!

詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。ぜひ一緒に「やさしい日本語」を勉強しましょう!

 

 

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860