2012年3月7日 寒河江&河北町 ひなまつり

金正垠


 寒河江慈恩寺陣屋と河北町の紅花資料館に行ってきた。今回の訪問で山形の雛人形についてもっと深く知るきっかけになった。

 

 ううん~あれは三人官女、これは五人囃子...そして眉がなくてい人形は婚者。この前、友達のお母さんからえてもらったので、すこし知識がえた。

 

 偶然、場の廊下に貼ってある面白い案文を見した。「美術工芸品をる時に知識や理論などで鑑賞する場合が多いですが、それはオススメしません。野の花をみるように人形も自然にとらえばどうですか。人形のが聞こえるようながする時、人形と話が出るようになるものではないでしょうか。」という容だった。こんな鑑賞方法が書いてあるのは始めてみたので、面白かった。もっと目立つように貼っておけばいいのにもったいない。

 

 紅花資料館には時代別の雛人形をることが出た。時代ごとに流行りがあるように雛人形も時代によってスタイルがすこし違っていた。人形の大きさとか顔の形などでどの時代の人形か別出るのだそうだ。そして、紅花と雛人形の係についた興味深い話も聞いた。雛人形の衣装は時、高だった紅花染めをしたが、紅花の大産地である山形の紅花が使われたそうだ。でも、染色技術は京都で出たので、京都と紅花交易をするようになって、その交易によって雛人形が山形にもたらされたそうだ。つい先日まではただ怖い顔の人形だったが、もう史まで分かるようになった

 

Loading

ラジオ

「やさしい日本語を学ぼう」

過去放送分はここから

聴けます(画像をクリック)

外国人に伝わりやすい

「やさしい日本語」

作成の手引き

※ご希望の方はご連絡

ください。

なんとかしなきゃ!プロジェクト
なんとかしなきゃ!プロジェクト
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Click here to see AIRY's Facebook Page!
Follow AIRY on Twitter!
Follow AIRY on Twitter!

〒990-8580

Yamagata City Jonan-Machi

Kajo Central, 2nd Floor

Yamagata Prefecture International Exchange Center 

Tel: 023-647-2560  Fax. 023-646-8860